LIVING IN THE BLOOD

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

としやんの大冒険日記 #30

しばらくです…。

気付けば8月と“夏”も、もう折り返し地点。

皆さん、しっかり“夏”を満喫してますでしょうか


さて、先日いつもの様に

CHARさんのZICCAレーベルHPをチェックしてますと

遂にフェンダーカスタムショップのシグネチャーモデルが完成したとのNEWSが

読み進めていくと、フムフム…なるほど… 

   …ん

これ見たことない

ボディーカラーが

銀煤竹(Light Brown of Maple Sugar)とのこと。。。

charizma.jpg

ここからは抜粋

“Charizma”で一番時間をかけ力を入れた仕様のひとつに挙げられるボディ・カラーには日本の伝統色を採用、これは60年以上に渡るフェンダーの歴史において初めての出来事である。幾度にも渡るミーティングを経てCharが選んだ伝統色は、煤竹色の少し淡い黄褐色で江戸時代に流行したと言われている“銀煤竹” (英語名:Light Brown of Maple Sugar)である。因みにここでの「銀」は「うすい」という意味で使われている。この銀煤竹色とメイプル・ネック、そして金色のFenderロゴ・デカールとのコントラストが絶妙なバランスを醸し出し、美しい仕上がりとなっている。

 ネック・プレートには特別なシリアル・ナンバーと竹中家の家紋が刻印されている。さらに5弦3フレット部と3弦5フレット部のポジション・ドットが三日月型になっているのだが、これはCharの“C”と音階の“C”を掛けている。

charizma2.jpg


…遊び心満載ですね

ストラトはそのバリエーション豊富なカラーも魅力だと思いますが、

自分のモデルに既存のフェンダーカラーではなく

全く新しいモノをもってくるアタリ…


ニクイ






冒険はつづく…



この記事へのコメント

先週金曜日、プチ同窓会 

先週金曜日の高校同窓会でお目にかかったパキスタン人似(?)のぱきちゃんでございます~
僕はあの同期の一歳年上でしたので、シャイな僕に話しかけてくださって嬉しかったです(^^)
ありがとうございました☆

あれからYouTubeでChar Meetsを何度か見ました!!
やっぱりカッコいいっすよね~☆☆☆

 

コメントありがとうございます!!
ぱきちゃんですね(笑)!
いやあ、こちらこそあの時はありがとうございました。

自分など同窓生でもなんでもない(笑)ただの隣人でしたが、
あんな楽しい会にまぜまぜしていただき最高に幸せでした。

あの番組はアツいです☆

また遊んでくださいね

よろしくお願いします!!!

  • 2011年08月08日 23:49
  • トシキ #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。