LIVING IN THE BLOOD

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

としやんの大冒険日記⑳

好きなアーティストにイングヴェイやリッチーブラックモア、

中間英明さんにコンチャルトムーンの島さんなどを真っ先にあげるワタクシですが

この人も絶対外せません。。。

tower char
char。。。

チャーの作品はほとんどは聴けていると思うのですが

いわゆるスタジオミュージシャン時代の音源や
バックバンドで参加している作品なんかはまだまだ手がつけれてない部分があります。

で、今回は先ごろ入手したこちらを紹介

逕サ蜒・043_convert_20110610221658
N.S.Pのライヴ盤『僕らはごきげん』。。。

こちらの音源はこのN.S.PのCD・BOXだと一部聴けるそうなんですが

フルで聴けるのはこちらのLP盤のみ… CHARはバックバンドで参加。

そんなわけで早速聴いてみました。
逕サ蜒・103_convert_20110610223024
んん。フォークだ。

なんだかすごく懐かしい空気…  いいなあ。。

でCHARね… おそらくコレを弾いてるよな程度に…認識できるくらいでして
(ほんとに彼が弾いてるかもわかりませんが)…

ライナーに何かのってないかなあ…
とめくってみるといました。 
逕サ蜒・031_convert_20110610221615

かなりしっかり写ってます(笑)。
それにいくつかのリハーサル風景写真にも、ランニングシャツに雪駄を履いて(笑)
レスポールを抱えて写ってます。
よく見るとこのライナーの表紙となるカラー写真にも
真っ暗ではありますが、明らかにムスタングを抱えたチャーが(笑)

ただどこでギターソロを弾いている等の情報はわからず…

でも絶対これだよなあ… ってのはあるんですけどねえ

そもそもワタクシはこのN.S.P自体を初めて聴いたので
まず彼らを知ってからの話となりそうです。

ともあれ、いいアルバムを入手できました





冒険はつづく…

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.