LIVING IN THE BLOOD

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽の話ばっかりってどうなん?

と思い別の話です。

「ひまつぶしの殺人」 赤川次郎

この本が小説の面白さを教えてくれた一冊です。

当たり前なんですが文章だけだからこその表現が

とても刺激的で楽しいです。 (どの小説もなんですが)

中学生時分に読んだ当時は、

新しい楽しみの発見なんか柄じゃないなぁ~

という驚きで不思議な感じでした。

内容には触れませんが

とにかくオモシロイと感じたものを紹介していこうかな~?

と考え中です。


それではまたお付き合い下さい。

トラックバックURL

http://livingintheblood.blog5.fc2.com/tb.php/21-12f68bbe

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.