LIVING IN THE BLOOD

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHITESNAKE / SERPENS ALBUS

オススメアルバム
「WHITESNAKE / SERPENS ALBUS」

Serpens+Albus+Whitesnake1987[1]

洋楽を語るならこのアルバムは必須!
テレビで観たSTILL OF THE NIGHTのPVに
一撃喰らった小学5年生のオレ。
今観るとエロビデオの1歩手前的ビデオ。w
そんなことはどーでもいいんだが、
その日にお年玉握りしめて
レコード屋さんに走ったんだよな。
当時はLPだよ、LP!
チャリの前カゴに入らない!w

もう四半世紀も前の作品とは思えない、
今でも十分聞き応えのある作品。
イギリス時代のデヴィッドを好むファンは
金切り声を上げるこの作品にはアンチみたいだし、
ZEPファンからは
ロバート・プラントみたいだと言われるけど、
でも個人的には無二のヴォーカルだと思うんだよな。
当時の金切り声も心地イイ。
我師と仰ぐジョン・サイクスのギタープレイも必聴!
攻撃的なフルピッキングに甘く深い泣きのトーン。
技巧派が手当たり次第にデビューする中、
オーソドックスなスタイルだったのもイイ。

ハードなサウンドを好むヒトが
WHITESNAKE入門なら
まずはこのアルバムがオススメ!

SERPENS ALBUSってのは
ジャケットのエンブレムに刻まれたもので
日本盤のみアルバムタイトルとされたもの。

ちなみに国内盤と米国盤に対し英国盤は
収録曲が異なるんだよ。
トータル的には英国盤が好きだなあ。


Paging Navigation

Navigations, etc.